TC楽器 アコースティックフロアのつぶやき掘り出しモノが盛りだくさん! (旧THE中古楽器屋ブログ)

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
ツシマのアコのはなし 06『ウクレレのペグ』 19:32
0

    JUGEMテーマ:楽器

     

     

    こんにちは!!

    ツシマです!!元気です!!!

     

     

    3Fアコースティックフロアではウクレレも取り扱っているのですが、

    古いビンテージのウクレレを見ていると、バイオリンのようにギアのない木ペグがついているものがあります!

     

     

     

    Martinの1910年代や20年代でも木ペグは採用されているのですが、

    実はこの時ギアチューナーなどの技術が無かったわけではなく、実際クラシックギターなどではそれよりも前から精度の良いギアペグが採用されていました!!

     

     

    では何故早々に採用されなかったのかは様々な憶測がされますが、この時代の木ペグは音が特徴的で、とても人気があるんですよ〜

     

     

     

    ちなみに、ウクレレの世界でも、

     

    「あれ、ギアチューナーのほうが精度良くない????」

     

    と心理にたどり着いたのか、今ではギアペグを採用しているメーカーも多いですよ〜

     

     

     

     

    ただ、大型のギターと違い、小型のウクレレはペグなどの材質や質量などで大きく音も変わるので、

    精度や取り回しだけが判断基準ではないんですね〜〜

     

     

    深い!!

     

     

     

    では今日はこのあたりで〜〜

    | ツシマのアコのはなし | - | - | posted by 亜子
    スポンサーサイト 19:32
    0
      | - | - | - | posted by スポンサードリンク
      << NEW | TOP | OLD>>